解決事例

SOLUTION

2020.02.08更新

<事案>

相談者は婚姻期間10数年の共働き家庭で、子どもが2名いる夫からの相談でした。
夫婦生活は冷め切ってしまっており、前々から「性格の不一致」で妻から別居の打診があったものの、つどつど話し合いながら結婚生活を送っていました。しかし、妻の限界がきてしまい、三行半をつけて子どもと共に家を出てしまいました。
別居をした途端、妻が弁護士を雇い離婚調停を申し立ててきました。
夫としては青天の霹靂でびっくりしてしまいましたが、現状をしっかりと整理して把握した上で、できれば妻とは別れたくない思いが強く、解決を求めて当事務所に相談に行きました。 

 

<解決>

まずは、依頼者の希望に沿って離婚回避で対応を始めましたが、相手方の意思は固く、調停委員と意見を重ねるに従って、妻との関係修復が厳しいことに冷静になればなるほど強く気付かされました。
そのため依頼者は関係修復が厳しいので離婚をする決意をしました。一方で、できる限り多く子どもと会える状態を目指した面会交流を獲得して欲しいという要望をいただきました。
とてもハードな依頼者の要望ではありましたが、看護権と親権を主張した弁護士の粘り強い交渉で、裁判所、そして妻側が依頼者側の言い分を認め、月2回、朝から晩まで、内1回は依頼者と1泊できる条件の面会交流が実現できました。

まずはご相談いただき
解決の第一歩を
踏み出しませんか

当事務所の離婚相談は、初回、1時間まで無料。ご相談のみでもご満足いただけるよう、「具体的に何ができるのか」というゴールの設定と、「そのためにはどうしたら良いのか、何をすべきなのか」がわかる道筋をお示しいたします。ご相談のみをご希望される方もお気軽にお問合せください。

初回相談1時間無料

予約受付10:00~20:00

夜間・土日祝も対応可

国分寺オフィス
国分寺駅南口より徒歩3分

八王子オフィス
八王子駅北口より徒歩5分
京王八王子駅西口より徒歩5分

  • 離婚相談専用ダイヤル
  • それ以外の方はこちら
< !-- End Google Tag Manager (noscript) -->