解決事例

SOLUTION

2021.04.15更新

<事案>
相談者は,順調に結婚生活を送っていましたが,子供が生まれてからは,相談者が子供にかかりっきりになったことや,夫の仕事が忙しくなったことがきっかけで,徐々に関係が悪化していきました。
そして,次第に夫のモラハラが始まり,暴力を受けてしまったことをきっかけに,夫と距離を置くために別居を開始しました。
その後,夫からは,すぐに離婚したいとの申込みがありました。相談者も,夫と夫婦でいることは難しかったのですが,子供がまだ幼く,自身の収入にも不安があったので,離婚に応じるべきか悩み,当事務所にご相談くださいました。
初めてご相談にいらした際は,別居後も婚姻費用が滞りなく適正な額が支払われていたことや,相談者にまだ離婚の決心がついていないこともあり様子を見ることとしました。
しかし,その後,夫が弁護士をつけて離婚調停を申し立ててきたことから,再度,当事務所にご相談いただき,なるべく有利な条件での離婚を目指すという方針で,正式にご依頼いただくこととなりました。

<解決>
離婚調停では,財産分与と養育費が,主な争点となりました。
財産分与については,夫は,分与する額をなるべく少なくしようとして,色々な主張をしてきました。
しかし,当方は,それらを全て退け,調停を優位に進めていきました。
そして,最終的には,当初に夫が主張していた額よりも,1000万円以上も多い金額の分与を受けるという内容の調停を成立させることに成功しました。
養育費についても,夫は,少しでも金額を減らそうと,様々な主張をしてきましたが,当方はそれらを全て退け,最終的に成立した調停の内容は,十分な金額のものでした。
こうして,最終的に,依頼者に十分に満足していただく内容の離婚を成立させることができました。

2021.04.01更新

<事案>
相談者は,夫の不貞が発覚し,相手方と二度と接触しないことを約束し,約束違反があった場合は直ちに離婚すること等を夫と合意して,関係修復へ向かっていました。
しかし,その合意成立後にも夫が不貞相手と会っていることが発覚しました。
ただ,相談者としては子供が生まれて間もなかったことから何とか再度修復しようと努めてきましたが,夫の態度は反省とは程遠く,耐えかねた相談者は家を出て別居を開始しました。
1年の別居期間を経て,関係修復は不可能であると判断した相談者は何度も離婚の話を切り出しましたが,夫は聞く耳を持たず話し合いは全く進みませんでした。
困り果てた相談者は,何とか離婚を成立させたいと当事務所にご相談くださいました。

<解決>
我々はさっそく夫へ連絡を取りましたが,書面にも電話にも応答がなく,数か月間一切連絡が取れない状態が続きました。
調べると,仕事も休職して親戚の家に逃げていたことが分かり,自宅に戻ったタイミングを突き止め,ようやく話し合いを始めることができました。
しかし,夫は相変わらず離婚に応じるつもりはないの一点張りで,話し合いでの解決は不可能であると判断し,すぐに調停を申立てました。
一刻も早く離婚を成立させたいという依頼者の気持ちをくみ,譲れない部分はしっかりと請求したうえで早期に離婚成立できるよう努めました。
夫からは,請求額に対しての減額要求や,離婚を回避しようと抵抗がありましたが,最終的には,こちらの希望どおり無事に離婚を成立させることができ,依頼者にも満足いただくことができました。

まずはご相談いただき
解決の第一歩を
踏み出しませんか

当事務所の離婚相談は、初回、1時間まで無料。ご相談のみでもご満足いただけるよう、「具体的に何ができるのか」というゴールの設定と、「そのためにはどうしたら良いのか、何をすべきなのか」がわかる道筋をお示しいたします。ご相談のみをご希望される方もお気軽にお問合せください。

初回相談1時間無料

予約受付10:00~20:00

夜間・土日祝も対応可

国分寺オフィス
国分寺駅南口より徒歩3分

八王子オフィス
八王子駅北口より徒歩5分
京王八王子駅西口より徒歩5分

  • 離婚相談専用ダイヤル
  • それ以外の方はこちら
< !-- End Google Tag Manager (noscript) -->