解決事例

SOLUTION

2021.05.17更新

<事案>
相談者は順調に結婚生活を送っていましたが,徐々に価値観の違いが見え始め,夫婦関係が悪化していったことをきっかけに妻が子供を連れて実家へ帰ってしまいました。
その後,妻と話し合いをしようと連絡をするも,妻の母から「結婚生活を継続する意思はない」「帰らせない」などと強く責められ,離婚を求められました。
相談者としては,日頃からこのように夫婦の問題について妻の母が口を出してくることが多く,妻が何らの意見も述べないことに不満を感じていました。
相談者としても離婚する意向を固めていましたが,このままだと妻とはまともに話し合えそうもないため,しっかりと取り決めを行いたいと思い,当事務所にご相談くださいました。

<解決>
ご依頼いただいた後,我々はさっそく妻へ書面を送りました。
双方ともに関係修復は不可能であるとの意見は一致していましたので,争点は面会交流や,財産分与の離婚条件のみとなりました。
妻側からは,面会交流の場所には妻の両親のどちらかが同伴するという希望が出されましたが,その条件は呑めないことを伝え,立ち合いは妻のみとすることを強く求めました。
また,財産分与については,婚姻期間がわずか数年であり,この間は支出の方が大きい状態であったことから,財産分与により分けるべき財産はないことも主張しました。
このほか,養育費については,年収に見合った適正額を支払う内容で提案しました。
その結果,いずれもこちらの提案通りの内容で離婚協議書を作成することができ,無事に離婚が成立しました。
ご相談いただいてからわずか1か月という短期間で解決することができ,依頼者にもご満足いただくことができました。

2021.05.06更新

<事案>
相談者は,日常生活において妻からの過度な制約を受けていたことや,性格の不一致が原因で夫婦関係が悪化していき,相談者が家を出るかたちで別居を開始しました。
しばらくの別居期間を経て,修復は困難と判断した相談者は離婚を申し出ましたが,妻は離婚しないの一点張りで聞く耳を持ちませんでした。
そこで,話し合いでは難しいと判断した相談者は離婚調停を申立てましたが,調停でもまとまらず,不調に終わってしまいました。
その後も修復の兆しは見えないまま時間だけが過ぎ,当事者だけでは解決することは不可能だと考えた相談者は,当事務所にご相談くださいました。

<解決>
我々はさっそく妻へコンタクトを取りましたが,お話し合いでの離婚に応じる様子はなかったため,すぐに離婚調停を申立てました。
代理人を通しての調停では,妻も真摯に応じざるを得ないと観念し,しっかりと互いの希望を主張しました。
その結果,財産分与については,別居期間を考慮した適切な金額とし,子供との定期的な面会交流のほか,子供と直接連絡を取り合うことも認めさせることができました。
また,妻と子供が居住している依頼者名義の住宅についても,明け渡しまで十数年の期限を設けるかたちで取決めを行い,養育費を含めて妻と子供の生活にも十分に配慮した内容で,無事に離婚を成立させることができました。

まずはご相談いただき
解決の第一歩を
踏み出しませんか

当事務所の離婚相談は、初回、1時間まで無料。ご相談のみでもご満足いただけるよう、「具体的に何ができるのか」というゴールの設定と、「そのためにはどうしたら良いのか、何をすべきなのか」がわかる道筋をお示しいたします。ご相談のみをご希望される方もお気軽にお問合せください。

初回相談1時間無料

予約受付10:00~20:00

夜間・土日祝も対応可

国分寺オフィス
国分寺駅南口より徒歩3分

八王子オフィス
八王子駅北口より徒歩5分
京王八王子駅西口より徒歩5分

  • 離婚相談専用ダイヤル
  • それ以外の方はこちら
< !-- End Google Tag Manager (noscript) -->