弁護士費用

FEE

  • HOME
  • 弁護士費用

ご依頼前の費用について

離婚事案に関しましては、初回に限り、1時間無料の法律相談を承っております。2回目以降は、30分につき、5,000円(税別)を申し受けます。

全体の約60%の方がご相談のみで満足されておりますので,ご依頼を予定されていない方もお気軽にご相談下さい。

ご依頼後に発生する弁護士報酬について

弁護士報酬は「着手金」と「報酬金」に分かれます。「着手金」は仕事の結果に関わらず,ご依頼時に発生する費用です。
「報酬金」はご依頼いただいた業務の結果に応じて発生する費用になります。
当事務所では,着手金は定額制を採用し,原則として日当もいただいておりません(一都三県以外への出張の場合は応相談)。
また,成功報酬についても,ケースごとに最大と最小をそれぞれ具体例を用いてご説明しており,費用の明確化に努めております。なお、費用はすべて税別で表示しております。

事案ごとの簡単な費用事例

夫婦に関する事件(不貞慰謝料請求含む)

任意交渉【着手金】
離婚 20万円(離婚について争いない場合)
30万円(離婚について争いがある場合)
ただし、親権について争いがある場合
女性側 30万円
男性側 50万円
円満交渉(こじれてしまった夫婦関係を修復したい) 30万円
成功報酬
  • 離婚成立もしくは円満解決について、20万円
    ただし,離婚について争いがある場合の報酬金は30万円
    親権の獲得について争いがあった場合親権を獲得できた場合、女性20万円・男性30万円
  • 財産的給付を受けた場合には,その15%
    ・養育費は2年分を経済的利益とし,その15%
    財産分与については獲得額の15%
    ただし,担保付不動産のように経済的利益の算定が困難なものについては定額で30万円
  • 財産的給付を求められた場合,減額できた金額の10%
  • 婚姻費用について
    離婚事件をご依頼いただいた方は婚姻費用については,着手金も成功報酬もいただきません。
離婚成立もしくは円満解決について、20万円
ただし、離婚について争いがある場合の報酬金は30万円
親権の獲得について争いがあった場合、親権を獲得できた場合、女性側20万円、男性側30万円。
財産的給付を受けた場合には,その15%
養育費は2年分を経済的利益とし,その15%
慰謝料獲得額の15% ただし,担保付不動産のように経済的利益の算定が困難なものについては定額で30万円
ただし、担保付不動産のように経済的利益の算定が困難なものについては30万円
婚姻費用について:離婚事件をご依頼いただいた方は婚姻費用については、着手金も成功報酬もいだきません。
調停(着手金)
任意交渉の着手金に10万円を加える
報酬金は任意交渉と同額
訴訟・審判(着手金)
調停事件の着手金に10万円を加える
報酬金は任意交渉と同額

不貞相手への慰謝料請求

任意交渉(着手金)
探偵の調査資料など明確な証拠がある場合 10万円
明確な証拠がない場合 20万円
訴訟
探偵の調査資料など明確な証拠がある場合 20万円
明確な証拠がない場合 30万円
ただし、任意交渉から引き続き訴訟に移行する場合の追加費用は10万円
夫婦に関する事件を依頼されている方で、配偶者への慰謝料請求に併合して不貞相手に請求する場合の着手金は10万円
配偶者と不貞相手を一緒に訴える場合、一人分の着手金に10万円を加える
成功報酬

回収額の20%
慰謝料の支払いが分割払いになった場合は,合意額の15%

事例1…女性の依頼者。夫との性格の不一致で離婚を決意。別居の上、離婚の話を進めることとした。
離婚すること自体に争いはなかったものの,養育費の額について争いがあった。
そこで,まずは婚姻費用分担の調停をし,月額8万円の生活費を確保した。並行して離婚の協議を代理人として行い,その結果,親権を取得し,養育費として20歳まで毎月6万円を支払うことに合意した。

着手金

離婚について争いがないため20万円

成功報酬

  • 離婚成立にて20万円
  • 養育費に関して,21万6000円(6万円の2年分の15%)
    ※ 婚姻費用の調停に関しては,離婚の交渉をご依頼いただいた場合には,着手金および成功報酬はいただいておりません。また,都内の裁判所に関しては,何度出廷しても日当はいただいておりません。

事例2…男性の依頼者。妻の浮気がきっかけで離婚を決意。子どもの親権や慰謝料,財産分与等,主張が食い違う点が多々あった。
妻から,婚姻費用調停を起こされたことをきっかけに,代理人として活動を開始した。
離婚の協議をするも任意交渉ではまとまらなかったため,離婚調停を起こし,何度も調停期日を重ねた結果,離婚の成立とともに,親権を獲得した。

着手金

親権について争いある場合のため50万円
調停申立の際に,追加で10万円。
※一都三県の裁判所に関しては,弊所は日当をいただいておりませんので,解決まで時間がかかってしまったとしても,費用が上がってしまうとご心配になることはありません。

成功報酬

  • 離婚成立にてより20万円
  • 親権獲得により30万円

事例3…男性の依頼者。自身の浮気が原因で妻が子供を連れて出て行ってしまった。離婚自体は応じるつもりで,親権は妻に行くことはやむを得ないが,慰謝料,養育費は適正額の支払いとし,面会交流についても十分に実施したい。
交渉の結果,当初,300万円の慰謝料を要求されていたが,慰謝料は150万円の支払いとなり,養育費は月5万円の支払いとなった。また,月2回の面会交流の取り決めができた。

着手金

離婚及び親権に争いがないため20万円

成功報酬

  • 離婚成立により20万円
  • 当初慰謝料被請求額300万円から150万円に減額できた額の10%により15万円

よくある質問

Q
分割払いはできますか?
A

 分割でのお支払いも可能です。

Q
事前にお見積もりは頂けますか?
A

弊所では,弁護士に依頼すべきかどうかご判断いただくためには費用対効果の観点が不可欠だと考えております。そのため,ご相談時には必ず弁護士費用のお見積りをし,その上でご契約いただくかご判断いただいております。

Q
浮気の場合、調査会社に頼んでから、相談するべきでしょうか?
A

今ある証拠でも浮気を立証できる可能性はあります。また,探偵の調査費用は高額になることもございます。
そのため,そもそも探偵に依頼してまで証拠を集めるべきか否か,また探偵に依頼するとして,どのような証拠が必要か否かのアドバイスをいたしますので,探偵に依頼しようか悩んでおられる方はまず弊所にご相談下さい。

まずはご相談いただき
解決の第一歩を
踏み出しませんか

当事務所の離婚相談は、初回、1時間まで無料。ご相談のみでもご満足いただけるよう、「具体的に何ができるのか」というゴールの設定と、「そのためにはどうしたら良いのか、何をすべきなのか」がわかる道筋をお示しいたします。ご相談のみをご希望される方もお気軽にお問合せください。

初回相談1時間無料

予約受付10:00~20:00

夜間・土日祝も対応可

アクセス:国分寺駅南口より徒歩3分