解決事例

SOLUTION

2017.05.01更新

〈解決事例 No.5〉
不貞をしていた妻と離婚をし,男性側が10歳未満の子供の親権を獲得することに成功した事案

〈事案〉
 妻が度々浮気をしており,夜には子供を置いて浮気相手と遊びに行く,浮気相手とのデートに子供を連れていくなどしていました。
 離婚すること自体に争いはなかったものの,親権は双方とも主張したため,話し合いは平行線になりました。

〈解決〉
 互いに親権を主張していたので,話し合いでは双方が感情的になり,子供の奪い合いが起きる可能性がありました。
 そこで,裁判所の審判手続きを利用することにしました。まず,夫から妻に対して離婚の話し合いの前に監護権者指定の審判を起こしました。
審判では,妻側が不倫をしたということではなく,その結果,子育てにどういう影響を与えたのか,という親としての不適格さを丁寧に主張していきました。また,今後,夫が親権をとった場合,夫側の親族の助けを借りることで十分に育児が可能であることを主張していきました。
 その結果,男性側が監護権者の指定を受けました。そして,監護の実績を積んだうえで,改めて離婚調停を申し立て,無事,男性が親権を獲得することに成功しました。

投稿者: ガーディアン法律事務所

まずはご相談いただき
解決の第一歩を
踏み出しませんか

当事務所の離婚相談は、初回、1時間まで無料。ご相談のみでもご満足いただけるよう、「具体的に何ができるのか」というゴールの設定と、「そのためにはどうしたら良いのか、何をすべきなのか」がわかる道筋をお示しいたします。ご相談のみをご希望される方もお気軽にお問合せください。

初回相談1時間無料

予約受付10:00~20:00

夜間・土日祝も対応可

アクセス:国分寺駅南口より徒歩3分