解決事例

SOLUTION

2017.05.01更新

〈解決事例 No.4〉
 妻が第三者と浮気していることが発覚し,妻とは離婚のうえ,妻と不貞相手から裁判をすることなく相場よりも高い慰謝料を獲得でき,スピード解決した事案

〈事案〉
 妻の様子から,妻が浮気をしていると思うという相談を受けました。しかし,決定的な証拠は相談時にはありませんでした。
 そこで,まずは具体的な証拠集めの方法を指示しました。そうしたところ,妻が会社の上司と浮気していることが判明しました。

 

〈解決〉
 まず,浮気相手の男性にも家庭がありましたので,最初の接触は直接会うという方法をとりました。
内容証明を送れば相手の家族に知られたり,言い訳を考える時間的余裕を与えてしまうことになるからです。
 そして,相手の家族に最初の接触で知られないようにすることで,相手は家族に知られないようにしたい,と考えるので,話し合いでの解決を図りやすくなります。
 その結果,相手が裁判になった場合にかかるであろう弁護士費用や裁判回避のメリットを考慮させ,通常の慰謝料相場よりも高い慰謝料を獲得することに成功しました。
ご依頼から解決まで約2週間のスピード解決となりました。不倫相手への慰謝料請求は内容証明郵便を送るという方法一般的な方法として認知されておりますが,その方法では絶対にとれない解決だったと思います。むしろ,内容証明郵便を送るべき場面は限られており,具体的な状況に応じた攻め方をとっていかなければなりません。

投稿者: ガーディアン法律事務所

まずはご相談いただき
解決の第一歩を
踏み出しませんか

当事務所の離婚相談は、初回、1時間まで無料。ご相談のみでもご満足いただけるよう、「具体的に何ができるのか」というゴールの設定と、「そのためにはどうしたら良いのか、何をすべきなのか」がわかる道筋をお示しいたします。ご相談のみをご希望される方もお気軽にお問合せください。

初回相談1時間無料

予約受付10:00~20:00

夜間・土日祝も対応可

アクセス:国分寺駅南口より徒歩3分